ファイザーワクチン接種後の戦闘力の変化
カテゴリー:感染症(記事数:45)

↑B

2021.07.08

ファイザーワクチン接種後の戦闘力の変化

投与前の戦闘力は10ちょっと。80歳以下の1回目投与後の平均戦闘力は104.1、2回目投与後には4894.4
これに対して80歳以上では1回目投与後の平均戦闘力は48.2、2回目投与後は987.2と若年層よりも戦闘力弱め。

「戦闘力」は(幾何学的平均)抗体力価の誤記です。


Age-related immune response heterogeneity to SARS-CoV-2 vaccine BNT162b2.Nature (2021)


ちなみにWTはもともとのコロナウイルス、B.1.1.7がアルファ株、B,1.351がベータ株を表します。しっかりと変異が進むごとに少しだけ戦闘力が低下していってますね。まあ当たり前の事。変異株は海外で先行してワクチン接種が進んだから出てきたといえるのかも。

変異株が怖ければ。さっさとワクチン投与してノーマスクで最新流行のウイルスにしっかり暴露していくのが一番なんですが、そんな衛生意識、国民レベルで得られる日は来ないんだろうな。

アルファ株、ベータ株に対しての戦闘力が2回目接種後にフリーザを超えている人が1名いますねw

本論文では「十分な免疫を数している指標」として戦闘力=20を設定しています。1回目の投与後、80歳以下の人では80%弱の人がこの値に達していますが、80歳以上では50%に満たないです。ベータ株では80歳未満でも1回目の投与後で十分な免疫がついた人は30%に満たないです。80歳以上は20%以下。

2回投与完了後では変異株の種類によらず年齢に関係なく90%以上の人が十分な免疫を獲得していることが分かります。

そういえばこの手の論理を「衛生仮説」とか良いんですが、こんなニュースが今週ありました。
家の中の清潔さは関係なく、自然界の微生物に触れさせるのが重要とのことです。ふぇちゅいん家の教えの一つに「年に1回海水に漬からないと病気になる」ってのがあるので俺の子供にも受け継いでいこうと思っています。

Category:感染症

 Keyword:子ども/12 ワクチン/194




コメント

いいっすね!=6
001 [07/09 07:14]通りすがり@Plala:80歳以下なら1回の投与で80%弱が十分な免疫、ってのは、報道されてる「一回の投与では2〜4割」ってのと大分剥離してるイメージ。年齢の問題なのか、十分な免疫の定義なのか。ここで言う戦闘力20以上って言うのは「重症化しない程度の免疫はできますよ」ってくらいで、報道されてるのは「発症しないだけの免疫ができるには」みたいな感じなら腑に落ちるけど。 (1)
002 [07/10 05:35]あいす@So-net:免疫をつけたいと80歳で4回ワクチンを打った人の報道がありました。是非、抗体量の調査をしてほしい。 (2)
003 [07/11 17:02]ななしさそ★57:mRNA使っているワクチンなら、下部に合わせて配列変えるとかやっているんじゃないのですかね? どうせ1回目はプレ配合、2回目はミックス配列とかもやっているだろうし。 つか、抗体力価20て、もし該当病害体が入ってきたときに免疫反応が期待できる、その程度の話であって、力価せめて50くらい獲得していないと(100は欲しいだろうなー)症状を起こさない免疫量とは言えないんじゃ。
004 [07/14 09:12]MotoZ2User★1@So-net:全然関係ないけど、海外ではフリーザの「私の戦闘力は53万です」より ベジータの「8000以上だ!」の方が有名らしい。語呂か誤訳かで
005 [07/14 09:14]MotoZ2User★1@So-net:語呂か誤訳かで It's over 9000! ってなってる。 引用符以降はカットされるのね。" に置き換えた方が良くね?

名前 コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■

■■他サイトの関連記事(自動)■■
ワクチン
子ども


■■ 最近アクセス数の多い記事 ■■

すべて見る