70歳以上の高齢者にフィセチン、ダサチニブ、ケルセチンなどのSenolytics(老化細胞除去薬)を投与する臨床試験が実施中
カテゴリー:老化細胞除去(記事数:14)

↑B

2021.07.09

70歳以上の高齢者にフィセチン、ダサチニブ、ケルセチンなどのSenolytics(老化細胞除去薬)を投与する臨床試験が実施中

2020年3月開始。Mayoクリニックの医師Sundeep Khosla, M.D.による医師主導臨床試験(Phase II)
試験は2アーム。
(1)参加者はダサチニブ100mgを2日連続投与、その後ケルセチン1000mgを3日連続で投与。これを4週間に一度繰り返す(合計20週間)
(2)フィセチンを20mg/kg、3日連続投与(4週間に一度)、20週試験

評価は
A:血液中の骨の代謝マーカーであるI型コラーゲン-C-テロペプチド(ICTP)と?型プロコラーゲン-N-プロペプチドの濃度変化。

Category:老化細胞除去




コメント

いいっすね!

名前 コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■

■■他サイトの関連記事(自動)■■
ケルセチン
フィセチン


■■ 最近アクセス数の多い記事 ■■

すべて見る