モデルナ(Moderna)、ビオンテック(BioNTech)のmRNA創薬パイプライン(開発の進捗ラインナップ)にはどんなものがあるか?
カテゴリー:製薬会社・ビジネス(記事数:5)

↑B

2021.12.02

モデルナ(Moderna)、ビオンテック(BioNTech)のmRNA創薬パイプライン(開発の進捗ラインナップ)にはどんなものがあるか?

物凄く方向性の違う2社ですね。モデルナが新型コロナ、感染症にすごく力を入れているのに対し、ビオンテックは新型コロナはたいしてやる気が無さそうです。ビオンテックは販売をファイザーに委託しているので1人分売れるごとの利益は数部の1なのかもね。

その他の方向性もずいぶん違います。モデルナはmRNAにより様々なタンパクを体内で発現させることにより今までにない治療法の開発を目指しているのに対し、ビオンテックはものすごく「癌ワクチン」に力を入れています。さらにほぼmRNAに全力投入のモデルに対して、ビオンテックは細胞療法や抗体医薬など手広く最新技術を手掛けていますね。

●モデルナのパイプライン




承認されているCOVID-19のmRNAワクチン以外に、新型コロナベータ株に対するワクチンがPhaseII、デルタ株に対するワクチンがPhase-II、ベータ株+野生株に対するワクチンがPhase-II、ベータ株+デルタ株が臨床試験前、他に第2世代ワクチンとして冷蔵庫で保存出来るタイプがPhaseI。
コロナウイルス以外の予防ワクチンでは、CMVウイルス(Phase-III)、ジカ熱(Phase-I)、インフルエンザ(Phase-I/II)、RSウイルス(Phase-I)、 ヒト・メタニューモウイルス(Phase-I)、コロナ+インフルエンザ(臨床試験前)、臨床試験前なのが、他に小児RSウイルス+ヒト・メタニューモウイルス、EBウイルス、HIVウイルス、二パウイルス。

体内タンパクを発現するものとして、チクングニア熱に対する抗体を発現するmRNA(DARPA出資)、自己免疫疾患治療用にIL-2を発現するもの、Relxinとか、PD-L1を発現するmRNAまでやってる。

癌ワクチン2種、癌の免疫チェックポイント治療系で2種、局所再生のためのVEGF-A発現とな、代謝異常系の病気治療用途が5つ。

こりゃすげーな。今20株(50万円ぐらい)しか持ってないけど、もっと買っておくべきだな。

●ビオンテック



癌ワクチンが5本、テーラーメイド癌ワクチンが3本、こちらは癌治療にずいぶん偏っているな。ビオンテックもmRNAで抗体発現させてる、mRNAで発現させる抗体は「RiboMabs」と称している。mRNAで発現させるサイトカインRiboCytokinesと称している。CAR-Tプログラムが2本、他に癌関係が5〜6本、抗体医薬など、感染症はCOVID-19は1本のみ。あとはインフルエンザ、マラリア、HIV、結核。COVID-19以外はまったく感染症やる気無いな。
う〜ん。癌治療に全力投入。1つうまく行くようなら無限に儲けられそうな商法だな。ファイザーの株は買ったけど、ビオンテックの株は買って無いんだよね。少し買っておくかなぁ。。。。

両社でさらに100万ぐらいぶち込んでも良い気がする。パイプライン全部コケることは無いだろう。どこから金もってくるか。犬コインあたりか?

Category:製薬会社・ビジネス




コメント

いいっすね!=4

名前 コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■

■■他サイトの関連記事(自動)■■
HIV
ワクチン
インフルエンザ
CAR-T


■■ 最近アクセス数の多い記事 ■■

すべて見る