男性の性欲には脳内のAromatase(CYP19A1)が重要な役割を担う
カテゴリー:性・生殖(記事数:63)

↑B

2022.05.12

男性の性欲には脳内のAromatase(CYP19A1)が重要な役割を担う

Aromataseは「アンドロゲン」(通称男性ホルモンの1つ)→「エストロゲン」(通称女性ホルモンの1つ)、「テストステロン」(通称男性ホルモンの1つ)→「エストラジオール」(通称女性ホルモンの1つ)の体内でのコンバートを担っているとのこと。

Aromataseは脳と精巣で作られるため、去勢されたオスは性欲が減退する原因となるとのこと。

Aromataseが多い男性ほどエロいことを意味するが、Aromataseが多いと男性ホルモンはいわゆる女性ホルモンに変換されていく、女性ホルモンが多いと女性的な体型になると思うので男らしい肉体の男性はエロくなくて、女っぽい体型の男性(低身長?少ない筋肉?)の男性はエロい傾向?

Category:性・生殖

 Keyword:テストステロン/9




コメント

いいっすね!=17
001 [05.12 22:55]mt:Aromataseにinverted-U的性質がある、って理解で良いのでしょうか? コメントを頂けると幸いです。 (12)

名前 コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■

■■他サイトの関連記事(自動)■■
筋肉
テストステロン
(Testosterone)男性ホルモンの一種、睾丸と副腎から分泌される。一般に30歳ごろから減少しはじめ年1〜2%ずつ減少すると言われる。テストステロンの減少量は個人差が非常に大きく、人によっては60代でも30代と代わらない量が分泌されている人もいる。

すばらしい更年期―性とテストステロンの事実(書籍:AMAZON)
テストステロンについて(大東製薬)
テストステロンの作用・はたらき(大東製薬)
wikipedia


■■ 最近アクセス数の多い記事 ■■

すべて見る