A型やB型の血液をO型に変換し、誰にでも輸血出来る万能血液を造る技術(business-i)
カテゴリー:血液・人工血液(記事数:12)

↑B

2007.04.02

A型やB型の血液をO型に変換し、誰にでも輸血出来る万能血液を造る技術(business-i)

酵素を用いてA型、B型血液の糖鎖を除去し、O型血液を作り出す技術は昔から検討されてきたが、これまではコーヒー豆の酵素などを使わなければならず採算性が悪いため実用化されていなかった。

今回、アメリカ・マサチューセッツのベンチャー企業 ザイムクエストは細菌の酵素が効率的にA型、B型の赤血球表面の糖鎖を除去し、O型に変換出来ることを発見し、Nat Biotechに発表した。

O型の血液は、血液型がO型の人への輸血のほか、患者の血液型が不明な時、他の型の血液が不足したりした時などに非常手段として少量輸血出来る。

発表先

Category:血液・人工血液




コメント

いいっすね!=1

名前 コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■

■■他サイトの関連記事(自動)■■


■■ 最近アクセス数の多い記事 ■■

すべて見る