膵がん、血液で早期診断へ 1滴で精度90%以上
カテゴリー:ガン・腫瘍(記事数:65)

↑B

2006.09.06

膵がん、血液で早期診断へ 1滴で精度90%以上

国立がんセンター研究所化学療法部(東京都)の山田哲司部長と本田一文室長のグループが、患者から採った1滴の血液で、膵(すい)がんの有無を診断する方法を開発した。

山田部長らは膵がん患者と健康な人の計142人の血液から、患者に特異的に増減するたんぱく質を分析。4種類のたんぱく質を調べる方法で、膵がんがあるかないかが判断できることを突き止めた。

この方法で別の患者78人のデータを解析したところ、91%の正しさで診断できた。

直接このことに関する論文は見つからなかったが、これ↓が近いかな

血漿中に含まれるアルブミン、グロブリン等のタンパクを抗体カラムで除去、2Dディファレンシャルディスプレイで解析しているようです。

Category:ガン・腫瘍




コメント

いいっすね!=1

名前 コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■

■■他サイトの関連記事(自動)■■


■■ 最近アクセス数の多い記事 ■■

すべて見る