アメリカのガンによる死者が2年連続で減少。禁煙や治療技術の向上が原因(sankei)
カテゴリー:ガン・腫瘍(記事数:65)

↑B

2007.01.23

アメリカのガンによる死者が2年連続で減少。禁煙や治療技術の向上が原因(sankei)

2004年の死者が2003年よりも3000人少なく2年連続で減少したことが分かりました。
部分別ではどのガンでも死者は減っているが、特に大腸がんでの死者の減りが著しいそうです。ただ、女性の肺がんだけは増加傾向。

この結果としてタバコの有害性が知られるとともに、大人の喫煙率が1965年の42%から2005年の21%に半減したことが大きいと考えられています。またガンになった後の5年生存率が1975〜77年には50%だったのが、1996年〜2002年には66%に上昇するなど治療成績の向上も寄与していると考えられます。

Category:ガン・腫瘍

 Keyword:タバコ/11




コメント

いいっすね!=2

名前 コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■

■■他サイトの関連記事(自動)■■
タバコ


■■ 最近アクセス数の多い記事 ■■

すべて見る