ビタミンC投与でがん半減 マウス実験で、米研究所
カテゴリー:ガン・腫瘍(記事数:65)

↑B

2008.08.06

ビタミンC投与でがん半減 マウス実験で、米研究所

実験で用いたのは43種類のがん細胞と5種類の正常細胞。これらの細胞にビタミンCを加えるとガン細胞のうち33種類では半分以上の細胞が死滅したのに対し、正常細胞では変化は無かった。

また、腹腔内に腫瘍細胞を実験的に植え付けられたマウスに体重1kgあたり4gと大量のビタミンCを毎日投与したところ、ガンの縮小が見られた。研究者らはビタミンCから発生したH2O2がガン細胞を殺したと推定しているそうだ。

人間で同じことを行うとすると毎日ビタミンCを240g摂取しないといけないのでちょっと現実的では無いですね。''しかも原文を読むと、ガンが縮小したわけじゃないです。ガンが大きくなるのが遅くなっただけ、ビタミンCを大量に投与された人のガンも着実に大きくなっています。しかも投与は直接、腹腔に直接投与していてずるい感じ。まあPNASクオリティですね。これを読んでこれを毎日2.5瓶飲むのは無駄かも

原文:

Category:ガン・腫瘍

 Keyword:ビタミンC/3




コメント

いいっすね!=1

名前 コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■

■■他サイトの関連記事(自動)■■
ビタミンC


■■ 最近アクセス数の多い記事 ■■

すべて見る