ガンの発症原因になることが明らかになっているウイルスまたは細菌の感染者数(日本)
カテゴリー:感染による腫瘍形成(記事数:16)

↑B

2009.10.19

ガンの発症原因になることが明らかになっているウイルスまたは細菌の感染者数(日本)

2006年時点での数字だそうです。推定ですべてのガンのうち38%がなんらかの感染症原因と言われています。
EBウイルスほぼ全員
B型肝炎ウイルス120-140万人
C型肝炎ウイルス100-200万人
Human T-Lumphotropic Virus I120万人
HPVウイルス不明
ヘリコバクターピロリ菌5000万人

EBウイルスは成人するまでに90%以上の人が感染し、メモリーB細胞に持続感染しているそうです。そしてB細胞を不死化しリンパ腫や胃ガン、上咽頭ガンなどを起こすそうです。

Category:感染による腫瘍形成

 Keyword:HPV/66




コメント

いいっすね!=3

名前 コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■

■■他サイトの関連記事(自動)■■
HPV


■■ 最近アクセス数の多い記事 ■■

すべて見る