次世代糖尿病治療薬「リラグルチド」のPhase IIデータ発表。良い感じ
カテゴリー:人工すい臓・糖尿病(記事数:24)

↑B

2006.10.24

次世代糖尿病治療薬「リラグルチド」のPhase IIデータ発表。良い感じ

リラグルチドはノボノルディスクファーマの開発している薬で、血糖値が高い時にだけすい臓β細胞にインスリン産生を促し、グルカゴン産生を抑制するインスリンに代わる糖尿病治療薬として期待されているGLP?1のアナログ(体内で分解されにくく改良されたもの)です。実際のGLP-1は体内での分解がとても早いため薬としては使いにくくこのようなアナログが開発されています。GLP?1関連の糖尿病治療薬としては体内のGLP?1の分解を抑制することで治療を目指すGLP?1分解酵素DPP?阻害剤「ビルダグリプチン」(ノバルティス)などがあります。

Category:人工すい臓・糖尿病

 Keyword:β細胞/8




コメント

いいっすね!

名前 コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■

■■他サイトの関連記事(自動)■■
GLP-1
インスリン
(insulin)
.wikipedia
糖尿病
β細胞
すい臓に存在する細胞
α細胞:グルカゴンを作る
β細胞:インスリンを作る


■■ 最近アクセス数の多い記事 ■■

すべて見る