高脂血症薬、睡眠障害に効果? マウス、早寝早起きに
カテゴリー:睡眠(記事数:27)

↑B

2007.05.16

高脂血症薬、睡眠障害に効果? マウス、早寝早起きに

高脂血症治療薬として用いられるフィブレート系の薬物が、マウスの体内時計を早寝早起きに変えることを、産業技術総合研究所と早稲田大が突き止めたそうだ。睡眠障害の治療薬として期待出来るかもしれない。

産総研の大石勝隆らの研究によるとエサに0.5%フィブレートを与え続けると2週間で以前に比べて活動時間が3時間前にズレ、明るい時間帯から活動を始めるようになったそうだ。遺伝子解析によると、フィブレートの受容体であるPPARαが体内時計を調整していることも分かった。

Category:睡眠

 Keyword:体内時計/7




コメント

いいっすね!=7

名前 コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■

■■他サイトの関連記事(自動)■■
睡眠
体内時計


■■ 最近アクセス数の多い記事 ■■

すべて見る