ヒトES細胞の大量培養方法を発見
カテゴリー:幹細胞(記事数:33)

↑B

2007.10.02

ヒトES細胞の大量培養方法を発見

発見したのは理化学研究所の笹井芳樹ら

研究者らはES細胞をリン酸化酵素阻害剤(Y-27632)を含む培養液中で培養した、通常、ES細胞を分散させるとROCKというRhoキナーゼが働いて細胞を自殺においやるが、この阻害剤を含む培地中ではこの反応が起きず、細胞を生きたまま増やすことが出来る。

通常の方法ではヒトES細胞を分散させると1%の細胞が生き残るだけだった、今回の方法ではこの細胞死を防ぐことが出来、27%が生き残るそうだ、すなわち通常の方法で1ヶ月間に1コのES細胞を100コにするのが限界だったのが、10000倍程度に増やすことが可能という。
またこの阻害剤の使用は血清フリー培地でも使用可能だ。

Category:幹細胞




コメント

いいっすね!=1

名前 コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■

■■他サイトの関連記事(自動)■■


■■ 最近アクセス数の多い記事 ■■

すべて見る