長い間培養したES細胞から生まれた動物の生態を観察
カテゴリー:幹細胞(記事数:33)

↑B

2004.01.28

長い間培養したES細胞から生まれた動物の生態を観察

発表先はPNAS、発表者はRichard M. Schultz(ペンシルベニア大学)
長期間培養したES細胞から生まれた動物は広い空間で長い時間を過ごせるなど、不安を感じなくなり、
運動能力の発達と学習能力には影響は見られなかったものの記憶能力減少が見られた。

この研究は間接的な研究だが、今後も研究を続ける必用があるだろう

Category:幹細胞

 Keyword:運動能力/5




コメント

いいっすね!=3

名前 コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■

■■他サイトの関連記事(自動)■■
運動能力


■■ 最近アクセス数の多い記事 ■■

すべて見る