骨髄移植でHIV治療が可能
カテゴリー:免疫・アレルギー・自己免疫疾患(記事数:31)

↑B

2008.11.17

骨髄移植でHIV治療が可能

HIVウイルスは免疫担当細胞のCCR5受容体を目印に感染します。
今回、アメリカ人の白血病患者にCCR5受容体が通常と異なり、HIVウイルスに耐性を持つであろう遺伝子を持つドナーからの移植を行ったところ、白血病が治ったのはもちろん、HIVウイルスも消え去ったそうです。

近い将来、白血病以外にもエイズ治療のために骨髄移植を行う可能性があるかもしれません。

Category:免疫・アレルギー・自己免疫疾患




コメント

いいっすね!=6

名前 コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■

■■他サイトの関連記事(自動)■■
HIV


■■ 最近アクセス数の多い記事 ■■

すべて見る