タバコは短期的には脳を活性化し有用な面があるが、長期的にはガンなどの悪影響がある。 生活習慣

Amrit不老不死研究所


2011/11/25

タバコは短期的には脳を活性化し有用な面があるが、長期的にはガンなどの悪影響がある。

 タバコに対する風当たりが強くなっています。タバコを吸わない人には臭いし、煙たいし良いこと無いのは事実でしょう。喫煙する人は社会に迷惑をかける困った人と思われることも多いかもしれません。なぜタバコを吸う人はタバコを止められないのでしょうか?習慣だから?間がもたない?色々な理由を言う人がいますが理由は明快です。タバコに含まれるニコチンは脳に心地よさを感じさせる依存性のある物質だからです。

 タバコに含まれるニコチンは身体の中の様々な部分に作用するニコチン性アセチルコリン受容体(nAChR)に作用します。それらにより引き起こされる作用をあげると

 などです。これらの作用は、それほど強くないもののコカインやヘロインなどの麻薬と同じ作用であり依存性があることが分かっています。これがタバコをなかなか止められない理由です。また、このほかにもニコチンが脳に作用すると神経活動が活発になり、記憶を司る脳内の海馬という部分のNMDA受容体の作用を活性化、すなわち記憶力を向上させることが報告されています。
 このように短期的にはタバコに含まれるニコチンは脳を活性化させる良い効果を示します。ただし、タバコに含まれる別の成分であるタールやそのほかの微粒子成分は人体のあらゆる部分にガンを発生させる作用があることが分かっています。また、ニコチンが既に存在する神経細胞を活性化しますが、動物実験の結果では神経細胞の増殖を抑制すると報告されています。これは脳細胞が活発に増殖している未成年がタバコを吸った場合には脳の発達そのものを妨げるという取り返しのつかない効果が生ずる可能性を意味しています。

 以上のように、タバコは完全に有害とは言い切れないと私は考えます。もちろん周囲の人に迷惑をかけることは許されませんが、自己責任で一人で吸う分には問題無いと感じます。まあ、私はタバコの臭いがかなり嫌いではありますが・・・・

  • Nicotine exposure in vivo induces long-lasting enhancement of NMDA receptor-mediated currents in the hippocampus.Eur J Neurosci. 2006 Apr;23(7):1819-28. PMID:16623839

Category:生活習慣 / 17

 Keyword:【タバコ(10)】



このエントリーを含むはてなブックマーク [RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■■


■■ アクセス数の多い記事 ■■
筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)000447access
授乳中の母親の食生活が子供の体質・太りやすさに長く影響を与える(ダイエット・メタボリックシンドローム)000248access
ダノン社「BIO」ヨーグルトの効果(サプリメント)000229access
自転車に乗る女性は注意。ハンドル&サドルの高さが性的感度に影響する(性・生殖)000224access
2日に1個の卵を食べるだけで動脈硬化になる可能性が上昇するようだ(生活習慣)000203access
効果が科学的に確認されている天然成分の媚薬まとめ(性・生殖)000180access
「幸せ」を感じやすい遺伝子が見つかった。ただし女性のみ。(精神)000170access
目に入る青色光の量で覚醒と眠気をコントロール可能。寝る前2時間のiPadで睡眠ホルモン「メラトニン」が20%減少(睡眠)000169access
ネズミの心臓細胞とシリコンシートで作った人工クラゲ(動画)(筋肉・人工筋肉)000163access
1日おきにカロリー制限を行うダイエット方法「カロリーサイクリング」でどれぐらい痩せるか(ダイエット・メタボリックシンドローム)000160access


タバコ