ワクチン接種のあと、ほどほどに酒を飲んだ方がワクチンがよく効く (カテゴリー:免疫・アレルギー・自己免疫疾患)


2014/05/23

ワクチン接種のあと、ほどほどに酒を飲んだ方がワクチンがよく効く

 「注射の後は飲酒を控えましょう!」。当然のように考えられてきたこの注意は実は間違いかもしれません。今回、オレゴン健康科学大学の研究者Messaoudi Iらがサルを用いた実験で従来の常識を覆す興味深い結果を報告しています。

 研究者は人間と免疫の似ている12匹のカニクイザルを使い、飼育部屋に4%のアルコール飲料を設置し、自由に飲めるようにしました。

 カニクイザルは人間と同じように個体によって個性があります。中にはアルコールが好きになり大量に飲むサルもいれば、あまり飲まないサルもいました。研究者は飲酒量を元にサルを2つのグループに分け、アルコールを与えないサルのグループとあわせ3つのグループを作りました。そして全てのサルにスモールポックスウイルスのワクチンを接種し、ワクチンの効き目を比較しました。

アルコール無しほどほどに飲む
(0.02〜0.04%)
大量に飲む
(0.08%以上)
ワクチンの効き目

 大量に飲酒するサルのグループではワクチンの効果が飲まないサルより悪いことが分かりました。これは常識として考えられていた事で納得なのですが、面白いことに、ほどほどにアルコールを飲むサルのグループのワクチンの効果は全く飲酒しないグループよりも高いことが分かりました。

 詳しくサルの免疫状態を調べると、大量飲酒したサルではCD4陽性T細胞CD8陽性T細胞IgG(抗体)の反応が減っていましたが、ほどほどの飲酒をしたサルではとくにIgG(抗体)と、CD8陽性T細胞が活性化しており、抗腫瘍サイトカインとCD8陽性T細胞の分化を誘導するmiRNAの発現量が増加していました。

 大量に飲むサルの平均血中アルコール濃度は0.08%でしたが、これは人間の飲酒運転の基準と同じアルコール濃度になります。今回報告された研究結果は飲酒運転にひっかからない程度の飲酒はワクチンの効果を高めることを示しています。

Category:免疫・アレルギー・自己免疫疾患

 Keyword:【飲酒/5】



↑B [RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■■
2014/04/04世界初のスギ花粉症体質改善薬「シダトレンスギ」が4月に保険適用、6月から処方開始予定
2014/01/30ペットを飼っている家の子供がアレルギーや喘息になりにくいのは微生物を含んだホコリが口から入り腸の微生物を豊かにするため
2013/03/13EPO、IL4RA、MMP9遺伝子を調べれば花粉症を発症しやすい体質かどうかを知ることが出来る
2012/08/21幼児が頻繁に具合が悪くなる理由。
2012/07/03「アトピー」発症メカニズムが解明され、このメカニズムの遮断薬が開発予定。ぜんそく治療薬として開発中の薬がアトピー性皮膚炎に効く可能性も。
2010/11/03妊娠中に母親がピーナッツを食べると、生まれた子供がピーナッツアレルギーになる可能性が高まるという報告(CNN)
2008/11/17骨髄移植でHIV治療が可能
2008/11/13花粉症の減感作療法を3回の注射、3ヶ月で行うことに成功


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)7862access
瞳孔(どうこう)の動きを観察するだけで同性愛者・バイセクシャルを判別可能。女性は潜在的に同性愛傾向?(性・生殖)5924access
嫌な記憶のみを忘れっぽくし、他の記憶には影響を与えない薬物が発見される。しかも薬局で買える薬に含有される成分だった。(精神)5626access
妊娠悪阻(にんしんおそ)、悪阻(つわり)に関して分かっている事。症状がひどくなりやすい条件(子育て)5243access
幸せホルモン「オキシトシン」は嫌な記憶を強める2面性を持っている。「幸せ過ぎて不安なの〜」は正常な反応(精神)5098access

すべて見る


飲酒

ワクチン

アルコール