中外製薬が国内初のダウン症治療薬の臨床試験を開始
カテゴリー:知能改善・天才になる方法(記事数:59)

2014.10.28

中外製薬が国内初のダウン症治療薬の臨床試験を開始
First drug to help Down syndrome people

 試験を行うのはスイスの製薬会社ロッシュが開発しているダウン症候群治療薬「RG1662」。

 この薬物はGABAAα5レセプターを妨害することで作用を果たすそうです。GABAシグナルは心を落ち着かせる成分として知られていますが、反面、記憶形成の妨げになるシグナルであり、これを妨害することで記憶形成を促進し、ダウン症候群の症状の一つとして見られる学習能力の低下を緩和する事が期待されています。

ダウン症候群モデルマウスでは症状の緩和に成功しているそうです。
  • Reducing GABAA α5 receptor-mediated inhibition rescues functional and neuromorphological deficits in a mouse model of down syndrome.J Neurosci. 2013 Feb 27;33(9):3953-66. doi: 10.1523/JNEUROSCI.1203-12.2013.PMID:23447605

Category:知能改善・天才になる方法

 Keyword:GABA/8 学習能力/14




コメント

いいっすね!=826
001 [10/28 12:19]@OCN:テープレコーダーのように声真似して独りで喋りつつけてる障害者がいるけど、あれってダウン症? (290)
002 [10/28 22:10]いず@Dion:>001 そういうのって、自分で調べなよ。見ていて恥ずかしい…。 (247)

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■

■■他サイトの関連記事(自動)■■
GABA
ダウン症
学習能力


■■ 最近アクセス数の多い記事 ■■

すべて見る