「若者の血液を輸血して健康になる」というによるスタートアップがアメリカに登場、80万円 (カテゴリー:アンチエイジング・老化抑制(記事数:73))


2016/08/13

「若者の血液を輸血して健康になる」というによるスタートアップがアメリカに登場、80万円

Ambrosiaというスタートアップが実施、臨床試験の形をとって80万円で週に一度、4週間にわたり輸血してもらえるらしい。

記事の中で触れられているGDF11というタンパクに関する研究は2013年、2014年と2年連続でNature Medicineのインパクトのある研究として取り上げられています。

Category:アンチエイジング・老化抑制



■ ■ ■ コメント ■ ■ ■

いいっすね!=80
001 [08/13 09:54]hoge:繰り返すといつか病気が移りそうな。 (13)
002 [08/14 14:15]...@Iij:年金とか社会保障の話かと思った。 (12)
003 [08/14 22:27]N/A:生産性に寄与するどころか消費活動の延長にしかならない年寄り群への投与には強く反対。疲れを実感し始める3〜40代にもう一度活力を与えられたら世界が変わるだろうね (9)
004 [08/15 15:24]Shake@InfoWeb:普通に医療行為で輸血する場合でも、「若い血のほうが患者が元気になる」という話はずいぶん前から聞いたことがあるな。 (8)
005 [08/16 15:01]d5@Biglobe:ジンカン移植して欲しいわ。 (8)
006 [08/16 21:54]ななしさそ★37:こんなわざわざ感染症の危険性を増やす事せんでも… (9)
007 [09/01 19:18]通りすがり:動物実験でも年老いたラットに若いラットの血液を輸血すると元気になったという結果が出ている。血液に何がどう効いているのかもっと研究を進めてほしい。 (8)

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■

■■他サイトの関連記事(自動)■■


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

全アクセス 全アクセス
瞳孔(どうこう)の動きを観察するだけで同性愛者・バイセクシャルを判別可能。女性は潜在的に同性愛傾向?(性・生殖)17093access
筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)16758access
妊娠悪阻(にんしんおそ)、悪阻(つわり)に関して分かっている事。症状がひどくなりやすい条件(子育て)14326access

すべて見る