2018年のノーベル医学生理学賞、本庶佑氏ら2人に (カテゴリー:ガン・腫瘍(記事数:63))


2018.10.01

2018年のノーベル医学生理学賞、本庶佑氏ら2人に

おお!!!本庶先生は、がん治療に革命を起こした小野薬品「オポジーボ」などの免疫チェックポイント調整抗体医薬のの標的分子であるPD-1/PD-L1が癌治療に使えることを見つけた人です。
PD-1抗体医薬に関してはこれまでにも色々と紹介しております↓

Category:ガン・腫瘍

 Keyword:Opdivo/4 PD-1/11




■ ■ ■ コメント ■ ■ ■

いいっすね!=29
001 [10/01 22:41]ななしさそ★46:働く細胞が実質働く血球なのでwなんか良い参考文献ないかな、とか思っていたら獣医畜産新報という業界雑誌で血球によるがん治療特集をやっていたのを思い出しました。がんも幹細胞(と周辺細胞)という言い方が定着しつつあるんですかね? (15)

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■

■■他サイトの関連記事(自動)■■
Opdivo
PD-1


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

全アクセス 全アクセス
●2012.11.06:瞳孔(どうこう)の動きを観察するだけで同性愛者・バイセクシャルを判別可能。女性は潜在的に同性愛傾向?(性・生殖)18569access
●2013.02.28:妊娠悪阻(にんしんおそ)、悪阻(つわり)に関して分かっている事。症状がひどくなりやすい条件(子育て)17355access
●2014.09.09:ガンによく効くらしい世界初の抗PD-1抗体医薬(免疫制御型)「小野薬品オプジーボ(Opdivo,nivolumab)」が日本承認。年間医療費1500万円(保険適用あり)(ガン・腫瘍)12721access

すべて見る