「低身長症の治療薬」が登場するも当事者からは賛否両論 (カテゴリー:治療技術(記事数:16))


2019.11.26

「低身長症の治療薬」が登場するも当事者からは賛否両論

臨床試験では5〜14歳の軟骨無形成症の子ども35人を対象とした臨床試験により、身長が伸びる速度が一般的な子どもとほとんど同じになるという目覚ましい効果を示したそうです。

低身長を「治療」する薬と定義すると抗議が来るので「軟骨無形成症に伴う合併症の予防」の薬として承認されているらしい。副作用として低身長が治っちゃうのは仕方ない作戦。

BioMarinかぁ。薬効成分は半減期を伸ばしたCNPペプチドアナログとのこと。

Category:治療技術

 Keyword:子ども/11




■ ■ ■ コメント ■ ■ ■

いいっすね!=4

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■

■■他サイトの関連記事(自動)■■
子ども


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

全アクセス 全アクセス
●2013.02.28:妊娠悪阻(にんしんおそ)、悪阻(つわり)に関して分かっている事。症状がひどくなりやすい条件(子育て)20003access
●2012.11.06:瞳孔(どうこう)の動きを観察するだけで同性愛者・バイセクシャルを判別可能。女性は潜在的に同性愛傾向?(性・生殖)19431access
●2016.06.22:夏と冬でカロリー消費はどれぐらい違うのかを酸素消費量から正確に分析した研究(ダイエット・メタボリックシンドローム)15351access

すべて見る