低体温の人は長生きかもしれない アンチエイジング・老化抑制


2007/06/21
■低体温の人は長生きかもしれないアンチエイジング・老化抑制(73)】
アメリカのScripps研究所の研究者達は脳内の温度調整機能を持った部分が高温になるように遺伝子操作したマウスを作り出した。このマウスは脳内の温度調整部分のみが0.3℃ほど通常のマウスよりも高いが、身体全体が高温だと温度調整機能が誤作動を起こすのか、身体の他の部分は0.3℃ほど通常のマウスよりも低体温になった。そして、このマウスは通常のマウスよりもオスで12%、メスで20%長い平均寿命を示した。

また、この遺伝子操作されたマウスは体重が通常のマウスよりも重く、食事制限をした場合にも体重の減少率が低かった。この遺伝子操作によりマウスの消費カロリーが減少し、活性酸素などの細胞障害が減少したことが平均寿命を延ばした理由だと考えられる。

人間の平均体温も高い人もいれば低めの人もいるが、これらの人の間で平均寿命が異なることがあるのかもしれない。

nsgenic mice with a reduced core body temperature have an increased life span.
Science. 2006 Nov 3;314(5800):825-8、PMID: 17082459

このエントリーを含むはてなブックマーク 関連記事:【活性酸素(16)】



このエントリーを含むはてなブックマーク [RSS]


■■ 以前の記事■■■
1998/01/16ヒト正常細胞にテロメラーゼを遺伝子導入して細胞の寿命をのばした
2007/05/16水素が有害な活性酸素を除去すると発表(business-i)
2003/06/2475歳以上は延命不要論、ドイツ自治体や、健康保険の破綻の進むドイツで社会学者らがこんな事を主張しているらしい
2007/01/24オリーブオイルにがん抑制効果、少量で細胞の酸化を抑制(asahi)
2006/10/11p16(INK4a)タンパクが加齢に伴う老化を引き起こす
2005/10/11テロメアの長さとテロメラーゼ活性が表皮幹細胞の移動に関わっている
2005/10/02切った内蔵もしっぽも再生出来るマウスが偶然出来た(1)
2005/08/26Kloho(クロトー)というホルモンで老化が抑制される(science)


★キーワードに関するページ
活性酸素