筋肉疲労防止薬が発明される(NewScientist) (運動・エクササイズのカテゴリーに関する別の記事)

Amrit不老不死研究所


2008/09/29

筋肉疲労防止薬が発明される(NewScientist)

運動や病気によって筋肉疲労が起こります。これまではこの筋肉疲労は筋肉に乳酸が溜まることにより引き起こされると考えられてきましたが、最近の研究では乳酸では筋肉疲労が起こらないことが明らかになっています。

筋肉繊維はryanodine受容体を使って、カルシウムイオンを放出した時に収縮します。そしてどうやら筋肉疲労は筋肉が不安定にカルシウムを放出してしまうことと関わっているようです。

コロンビア大学のAndrew Marks氏らはこのレセプターを安定な状態に戻す薬を開発しました。この薬により筋肉疲労を防げるかもしれません。

特許も出されており、WO/2008/060332、PCT/US2007/012936です。

Category:運動・エクササイズ / 13

 Keyword:【筋肉(9)】



このエントリーを含むはてなブックマーク [RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■■
2008/08/12ランニングに老化を遅らせる効果、米大学研究(AFPBB)
2008/02/15気まぐれな運動はかえって太る〜運動によりやせるためには男性で週32km以上、女性で16km以上必要
2007/02/26運動する男性は大腸ガンのリスクが3割少ない
2008/04/07運動能力を測定することで、男性の死亡リスクを予測出来る


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)1950access
タバコを吸わない人が喫煙室に1時間いると起きる血液中の変化(生活習慣)1740access
バファリン4分の1錠を毎日飲むとガンで死ぬリスクが低下する(ガン・腫瘍)1050access
ダノン社「BIO」ヨーグルトの効果(サプリメント)855access
自転車に乗る女性は注意。ハンドル&サドルの高さが性的感度に影響する(性・生殖)810access

すべて見る


筋肉