妊娠初期のアルコール摂取は胎児の細胞死につながる (カテゴリー:生活習慣)


2008/09/08

妊娠初期のアルコール摂取は胎児の細胞死につながる

新生児1000人に1人の割合で見られる胎児性アルコール症候群(FAS)の特徴は顔面奇形である。研究者らはどの段階での妊婦のアルコール摂取が胎児に影響をもたらすのかを調べた。

結果、妊娠2〜3週目に1時間にわたりワイン2〜3杯に相当するアルコールを摂取すると細胞死が増大することが分かった。研究者らは母親が受けるアルコールの影響は数時間で終わるが、胎児は不可逆的なダメージを受ける可能性があると警告しており、CDCでは妊婦や有効な避妊方法を用いずに性行為を行っている女性に飲酒を控えることを勧めている。

Category:生活習慣

 Keyword:【アルコール/15】 【妊娠/10】 【飲酒/5】



このエントリーを含むはてなブックマーク [RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■■
2008/10/27アルコールの摂取は、適量でも老人の脳機能を低下させるようだ
2011/01/08「禁酒ワクチン」がチリで開発中
2012/08/282日に1個の卵を食べるだけで動脈硬化になる可能性が上昇するようだ
2003/01/09肥満で喫煙すれば寿命が大幅に縮む(MSN)
2003/10/29タバコを吸うと多発性硬化症(MS)に2倍なりやすくなる
2004/06/22タバコを吸うと寿命が10年縮む(BBC)
2007/06/04喫煙すると、精子のDNAの損傷が起こり、この突然変異は子孫に永遠に残る
2007/06/04喫煙する母親から生まれてきた子供は平均知能指数が低い
2011/11/25タバコは短期的には脳を活性化し有用な面があるが、長期的にはガンなどの悪影響がある。


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

iPS細胞を効率的に作製するための方法に関する研究進捗(2006-2011)(幹細胞)479access
女性ホルモンの多い女性は魅力的で、男性捜しにどん欲(性・生殖)465access
気まぐれな運動はかえって太る〜運動によりやせるためには男性で週32km以上、女性で16km以上必要(運動・エクササイズ)416access
p16(INK4a)タンパクが加齢に伴う老化を引き起こす(アンチエイジング・老化抑制)361access
赤ちゃんにとって最初の1年間の母親の影響は非常に大きい(子育て)359access

すべて見る


妊娠

飲酒

アルコール