高脂血症薬、睡眠障害に効果? マウス、早寝早起きに (カテゴリー:睡眠)


2007/05/16

高脂血症薬、睡眠障害に効果? マウス、早寝早起きに

高脂血症治療薬として用いられるフィブレート系の薬物が、マウスの体内時計を早寝早起きに変えることを、産業技術総合研究所と早稲田大が突き止めたそうだ。睡眠障害の治療薬として期待出来るかもしれない。

産総研の大石勝隆らの研究によるとエサに0.5%フィブレートを与え続けると2週間で以前に比べて活動時間が3時間前にズレ、明るい時間帯から活動を始めるようになったそうだ。遺伝子解析によると、フィブレートの受容体であるPPARαが体内時計を調整していることも分かった。

Category:睡眠

 Keyword:【睡眠/12】 【体内時計/6】



↑B [RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■■
2007/01/05睡眠時無呼吸症候群の原因遺伝子はApolipoprotein Eε4?
2007/01/05ナルコレプシーの原因遺伝子はオレキシン(ヒポクレチン)受容体2遺伝子
2007/01/23睡眠時無呼吸症候群は治療マスクをつけても脳梗塞の危険性は高い


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)5000access
嫌な記憶のみを忘れっぽくし、他の記憶には影響を与えない薬物が発見される。しかも薬局で買える薬に含有される成分だった。(精神)4862access
幸せホルモン「オキシトシン」は嫌な記憶を強める2面性を持っている。「幸せ過ぎて不安なの〜」は正常な反応(精神)4206access
瞳孔(どうこう)の動きを観察するだけで同性愛者・バイセクシャルを判別可能。女性は潜在的に同性愛傾向?(性・生殖)3934access
妊娠悪阻(にんしんおそ)、悪阻(つわり)に関して分かっている事。症状がひどくなりやすい条件(子育て)3388access

すべて見る


体内時計

睡眠