特定の遺伝子が結婚生活に影響を及ぼす?(/.jp) (カテゴリー:遺伝子診断・遺伝子多系(記事数:8))


2008/09/05

特定の遺伝子が結婚生活に影響を及ぼす?(/.jp)

ABPR1A(脳神経ペプチドarginine vasopressin受容体1A)の働きがネズミにおいて夫婦間の関係に影響することが分かっているそうだ、今回、研究者らは人間の♂で同様の事を調べたところ、特定の遺伝子変異を有する男性ほど未婚率が高く、結婚生活の危機を経験したことのある割合が高いそうだ。

Category:遺伝子診断・遺伝子多系



■ ■ ■ コメント ■ ■ ■

いいっすね!=10

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事の総アクセス数(最後の書き込みまで):6 ↑B
[RSS]


遺伝子変異

■■ このカテゴリーのその他の記事■■■


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

全アクセス 全アクセス
筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)14503access
瞳孔(どうこう)の動きを観察するだけで同性愛者・バイセクシャルを判別可能。女性は潜在的に同性愛傾向?(性・生殖)13649access
妊娠悪阻(にんしんおそ)、悪阻(つわり)に関して分かっている事。症状がひどくなりやすい条件(子育て)10823access

すべて見る