花粉症の減感作療法を3回の注射、3ヶ月で行うことに成功 (カテゴリー:免疫・アレルギー・自己免疫疾患)


2008/11/13

花粉症の減感作療法を3回の注射、3ヶ月で行うことに成功

チューリッヒ大学の研究チームが成功してPNASに発表。
原文タイトルは

 花粉症などのアレルギー症状を緩和出来る減感作療法は原因抗原(ここでは花粉エキス)を少量ずつ何十回も約3年かけて注射する必要があり、通院・費用の面から非常に負担の大きい治療となっており普及していません。今回、研究者らは抗原をリンパ節に直接投与するという方法を1ヶ月おきに3回行うだけでアレルギー症状が劇的に改善することを発見したそうです。患者は平均すると、治療前に比べ10倍量の花粉が無いと鼻炎が起きなくなっていたとのこと。評価は183人の花粉アレルギー患者を使って実施しています。

 これは凄い!!花粉症の人には朗報ですね。体内には「細胞性免疫(異物を細胞が食べる)」という免疫と「液性免疫(抗体で異物を排除)」という2種類の免疫がありますが、1つの抗原に対しどちらか1つの免疫を重点的に起こす仕組みになっています。アレルギーは後者の免疫(液性免疫)が過剰に起こっている状態で、治療のためには今回発表された新しい方法も従来から行われている脱感作療法も同じで、花粉に対する免疫反応を「細胞性免疫」が重点的に起こすように転換させる治療方法です。今回の「リンパ節に投与」という方法は細胞性免疫を担当する細胞が多いリンパ節に直接抗原に投与することで、従来の方法よりも迅速に細胞性免疫を重点的に起こすことが出来るようになると予想されます。

Category:免疫・アレルギー・自己免疫疾患

 Keyword:【花粉症/8】 【アレルギー/12】



↑B [RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■■
2007/05/23Toll-like receptor:TLR様受容体
2007/05/23獲得免疫の仕組み
2007/05/23樹状細胞(dendritic cell)
2007/04/25ADCC活性
2007/05/23CD34抗原
2007/05/23レギュラトリーT細胞(regulatory T cell)
2007/04/24花粉症緩和米の安全性評価試験結果が発表される
2005/02/27韓国の科学者、移植用のブタ改造中


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)6467access
嫌な記憶のみを忘れっぽくし、他の記憶には影響を与えない薬物が発見される。しかも薬局で買える薬に含有される成分だった。(精神)5262access
瞳孔(どうこう)の動きを観察するだけで同性愛者・バイセクシャルを判別可能。女性は潜在的に同性愛傾向?(性・生殖)5077access
幸せホルモン「オキシトシン」は嫌な記憶を強める2面性を持っている。「幸せ過ぎて不安なの〜」は正常な反応(精神)4562access
妊娠悪阻(にんしんおそ)、悪阻(つわり)に関して分かっている事。症状がひどくなりやすい条件(子育て)4398access

すべて見る


アレルギー

花粉症