2050年には80歳以下で癌で亡くなる人はいなくなるだろうとの予想
カテゴリー:ガン・腫瘍(記事数:65)

↑B

2015.01.19

2050年には80歳以下で癌で亡くなる人はいなくなるだろうとの予想

その頃あなたは何歳ですか?2050年までに死なないように頑張らなくちゃ(笑)

 この楽観的な予想はロンドン大学の研究者の論文を元に書かれています。現在の癌になるリスクは20歳の人の5000人に1人、50歳の人の100人に1人、65歳の人の30人に1人が今年癌になる程度の確率だそうです。

 現在でも既に癌になる人の半分以上が70歳以上で、癌で死ぬ人の半分以上が75歳以上ですが、2050年までにさらなる癌の予防技術と治療技術が進歩し80歳以下での癌による死亡は無くなるんじゃないかと書かれています。文章中ではアスピリンの服用による癌の予防効果に触れています。

 根拠のあいまいな記事かもしれません。

Category:ガン・腫瘍

 Keyword:アスピリン/10




コメント

いいっすね!=16
001 [01.20 18:48]ななしさそ★31:一応政府機関が運営するサイトみたいですけどね>NHS。さて、予防技術とは?と思わないでも無いですが。診断技術ならともかく。 (6)
002 [01.23 22:06]kar98k:でも、癌にならないわけではない。 (4)

名前 コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■

■■他サイトの関連記事(自動)■■
アスピリン



■■ 最近アクセス数の多い記事 ■■

すべて見る