Amazon CEOらが投資したアンチイジングのスタートアップ企業「Unity Biotechnology」の中身
カテゴリー:アンチエイジングを目指す企業(記事数:11)

↑B

2016.11.01

Amazon CEOらが投資したアンチイジングのスタートアップ企業「Unity Biotechnology」の中身

 この会社が注目しているのは「老化した細胞のみを排除し、身体を若返らせること」。細胞老化は、細胞が壊れて無限増殖しガンになるのを防ぐための生体の防御システムですが、いったん「細胞老化」して増殖しなくなった細胞は長く体内に残り、周辺の細胞に害をなす炎症性の分子を出します。この細胞を除去することで身体が若返るとこの会社は考えています。

 かなり壮大な目標を立てている会社ですがビジネスモデルは堅実です。今後の会社の戦略にあたるパイプラインを見ると、「炎症性関節炎」「眼の老化」領域で効く薬の開発が先行しており、「動脈硬化」「肺線維症」「慢性腎臓病」の治療薬を次に考えているようです。これらの疾患はいずれも最終目標である「老化関連現象の制御」で治療可能な病気ばかりです。

 さらにUnity Technologyはかなり学術レベル的にもガチな本気企業のように見えます。企業に関する論文を見ると

と最高レベルの学術雑誌に多数掲載されています。

Category:アンチエイジングを目指す企業




コメント

いいっすね!=110

名前 コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■

■■他サイトの関連記事(自動)■■
幹細胞
p53


■■ 最近アクセス数の多い記事 ■■

すべて見る