2018年のノーベル医学生理学賞、本庶佑氏ら2人に
カテゴリー:ガン・腫瘍(記事数:65)

↑B

2018.10.01

2018年のノーベル医学生理学賞、本庶佑氏ら2人に

おお!!!本庶先生は、がん治療に革命を起こした小野薬品「オポジーボ」などの免疫チェックポイント調整抗体医薬のの標的分子であるPD-1/PD-L1が癌治療に使えることを見つけた人です。
PD-1抗体医薬に関してはこれまでにも色々と紹介しております↓

Category:ガン・腫瘍

 Keyword:Opdivo/4




コメント

いいっすね!=42
001 [10.01 22:41]ななしさそ★46:働く細胞が実質働く血球なのでwなんか良い参考文献ないかな、とか思っていたら獣医畜産新報という業界雑誌で血球によるがん治療特集をやっていたのを思い出しました。がんも幹細胞(と周辺細胞)という言い方が定着しつつあるんですかね? (21)

名前 コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■

■■他サイトの関連記事(自動)■■
PD-1
Opdivo


■■ 最近アクセス数の多い記事 ■■

すべて見る