風邪薬の多用で肝障害の危険性(yomiuri)
カテゴリー:未分類(記事数:115)

↑B

2006.12.26

風邪薬の多用で肝障害の危険性(yomiuri)(FDA)

アメリカFDAが、風邪薬によく入っているアセトアミノフェン、アスピリン、イブプロフェン、ケトプロフェン、ナプロキセン、アセトアミノフェンを多量に服用すると肝臓障害を起こす危険性が高く、注意書きをするようにメーカーに求めたそうです。

これらを過剰に摂取したり、飲酒とともに服用したりした場合、肝臓障害や、胃の出血など重大な副作用を起こす危険性があるとのこと。

Category:未分類

 Keyword:風邪/104




コメント

いいっすね!=2

名前 コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■

■■他サイトの関連記事(自動)■■
風邪
飲酒


■■ 最近アクセス数の多い記事 ■■

すべて見る