Nature Medicineの選ぶ2014年の研究の進歩 (カテゴリー:1年間のまとめ記事)


2014/12/24

Nature Medicineの選ぶ2014年の研究の進歩



Category:1年間のまとめ記事

 Keyword:【幹細胞/1】 【糖尿病/2】 【β細胞/3】 【エピジェネティクス/3】 【インスリン/50】 【タンパク質/2】 【マクロファージ/4】 【HIV/4】



■ ■ ■ コメント ■ ■ ■

いいっすね!
001 [12/28 21:53]ななしさそ★30:成体幹細胞の話は、今後糖尿病を初めとする患者への福音になりそうですね。最終的に個人負担50万以下の治療法にして欲しいですわw

名前 ↑B
コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
↑B [RSS]


β細胞
すい臓に存在する細胞
α細胞:グルカゴンを作る
β細胞:インスリンを作る インスリン
(insulin)
.wikipedia
タンパク質
エピジェネティクス
.エピジェネティクス - Wikipedia 32 users31イイネ 41 Tweet 糖尿病
マクロファージ
幹細胞
HIV

■■ このカテゴリーのその他の記事■■■
2013/12/11医学界No1の学術誌Nature Medicineが選ぶ2013年の医学の重要な進歩8つ


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)11759access
瞳孔(どうこう)の動きを観察するだけで同性愛者・バイセクシャルを判別可能。女性は潜在的に同性愛傾向?(性・生殖)10747access
妊娠悪阻(にんしんおそ)、悪阻(つわり)に関して分かっている事。症状がひどくなりやすい条件(子育て)8715access
風邪薬に含まれるイブプロフェンは風邪を長引かせ悪化させる可能性があるとの研究結果(感染症)7536access
嫌な記憶のみを忘れっぽくし、他の記憶には影響を与えない薬物が発見される。しかも薬局で買える薬に含有される成分だった。(精神)7361access

すべて見る