ママの妊娠前のメタボな食生活は筋肉中ミトコンドリアにより3世代先の子孫まで「太りやすさ」として伝わる
カテゴリー:ダイエット・メタボリックシンドローム(記事数:82)

↑B

2016.07.11

ママの妊娠前のメタボな食生活は筋肉中ミトコンドリアにより3世代先の子孫まで「太りやすさ」として伝わる


Maternal Metabolic Syndrome Programs Mitochondrial Dysfunction via Germline Changes across Three Generations. Cell Rep. 2016
 新しく産まれたって何もリセットされちゃいない。そんな現実が明らかになりました。妊娠中どころではありません、妊娠前のママの食生活が卵細胞のミトコンドリアに悪影響を与え、確実に子孫に「太りやすさ」という性質として受け継がれることをマウスを使った実験で実証に報告しています。

 この研究を行ったのはアメリカ・ワシントン医科大学の研究者ら。メスのマウスに高脂肪食(脂肪が59%を占める)を6週間食べさせ、普通のエサ(脂肪分13%)を食べさせたオスと子供を作らせました。子供らは普通のエサを食べて育てさせ、同じように3世代作らせ、それぞれの子孫の「インスリン耐性」などのメタボリックシンドロームの指標を調べました。

 すると高脂肪食を食べたメスから産まれたマウスは3世代先まで筋肉中のミトコンドリアに影響がありました。具体的にはミトコンドリアのサイズが違いました。ミトコンドリアは細胞の中で独自に分裂して増えますが、この分裂する際に働くDRP1、OPA1というタンパク質の働きが異なり正常な分裂が出来ず、結果として1つ1つのミトコンドリアの大きさが巨大化してしまうようです。

 近年、我々のゲノム中の遺伝子が一部リセットされずに子孫に繋がることが分かり「エピジェネティクス」と呼ばれ研究が活発に進められていますが、一方、ミトコンドリアはかつて我々の細胞に潜り込んだ寄生生物と言われており、我々のゲノムとは別に自分で遺伝子を持ち、独自に制御されていると考えられます。今回、ミトコンドリアに関してもリセットされずに子孫に伝わる性質があることが報告されたことになります。

 うまくいったら自分のおかげ、うまくいかなかったら親のせいにしましょう!(笑)

Category:ダイエット・メタボリックシンドローム

 Keyword:メタボリックシンドローム/10




コメント

いいっすね!=104
001 [07.11 23:37]天安門事件@InfoWeb:イエスですら、食べずに太る奇跡は起こせなかったのだから、食った分だけ動けば良いのですよ。(食べずに太るのは、死から蘇るよりも難しいということです。) (28)
002 [07.12 09:58]謹慎中w@YahooBB:↑あ〜、でもねぇ「女性のちょいぽちゃ」は別にして太っちゃう人ってのは脳(精神や認知)にちょっとした問題抱えてる事が多いんだよ。因みに統計的には中年太りしてなだらかに老年痩せをしてく人に長寿傾向があるらしい。脂肪細胞の膨張は成人病リスクを上げるが(人種差が大きい)ストレス耐性ホルモンも出すって話もあるくらいだし。因みにオイラは体脂肪一桁維持なんだがそれはそれで早死にするかもと思ってるわ。w (29)
003 [07.14 07:30]性格とかは遺伝すんのか?@Dion:それで日本国籍取るときには三世代前までの親族の犯罪履歴調べるのか?調べず簡単に帰化できる特権階級の制度には反対するっす。 (16)

名前 コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■

■■他サイトの関連記事(自動)■■
インスリン
(insulin)
.wikipedia
妊娠
タンパク質
ミトコンドリア
筋肉
エピジェネティクス
.エピジェネティクス - Wikipedia 32 users31イイネ 41 Tweet メタボリックシンドローム


■■ 最近アクセス数の多い記事 ■■

すべて見る