老化した細胞のみを殺す「Senolytic薬」の開発とその効果 (カテゴリー:アンチエイジング・老化抑制(記事数:82))


2019.02.14

老化した細胞のみを殺す「Senolytic薬」の開発とその効果

生体内のわずかな老化細胞の存在が体全体の老化現象を引き起こすことが報告されています。下図は

より抜粋した図です。実験的に少数の老化細胞を若いマウスに移植し、老化を促進せる実験を行っています。
Senolytics improve physical function and increase lifespan in old age.Nat Med. 2018 Aug;24(8):1246-1256. doi: 10.1038/s41591-018-0092-9. Epub 2018 Jul 9.PMID:29988130
具体的には17ヵ月齢の老化したネズミに50万個(0.5×10^6個)の老化した少量の細胞を移植し、その結果、グラフの赤字で示すように老化した細胞を投与されたネズミでは1年で50%が死亡したのに対し、細胞を投与されていないネズミや、若い細胞を投与されたネズミでは80%程度が生き残っている。すなわち少量の老化細胞が全身の老化をう誘導し死亡させていることを証明しています。

では老化した体から、老化した細胞を取り除くことが出来たら若返ることが出来るのでしょうか?

答えはイエスです。下記報告では肝臓内の老化した細胞のみを殺し除去することで脂肪肝の症状が改善することが報告されています。
  • Cellular senescence drives age-dependent hepatic steatosis.Nat Commun. 2017 Jun 13;8:15691. doi: 10.1038/ncomms15691.PMID:28608850
そしてこの報告でも使われていますが、既に販売されている薬とサプリメントの組み合わせで老化した細胞のみを殺すことが出来ることが分かっています。

★老化した細胞のみを殺すことが報告されている2つの薬の組み合わせ。
  • dasatinib(ダサチニブ)・・・・複数のチロシンキナーゼを標的とした分子ターゲッティングタイプの抗がん剤
  • quercetin(ケルセチン)・・・・玉ねぎ・柑橘類など含まれるフラボノイドの一種
知らなかったのですが、このような老化細胞のみを殺す作用を「Senolytic」というらしいです。

老化細胞除去の研究は実は2011年には既に報告されています。
既に様々な研究が進んでおり、AmazonのCEOらが出資するUNITY Biotehnologyという会社は老化細胞除去薬の臨床試験を行っています。

Category:アンチエイジング・老化抑制

 Keyword:脂肪/96




■ ■ ■ コメント ■ ■ ■

いいっすね!=9
001 [02/14 23:24]雪だるま@OCN:具体的なサプリ名は? (2)
002 [02/14 23:38]ふぇちゅいん(管理人) TW★70:Amazonでいくらでも見つかるよ。https://www.amazon.co.jp/dp/B01CFB2UC2/ (2)
003 [02/15 12:41]ゆい:ダサチニブはamazonで売っていないよね、ケルセチンだけでも効果はあるの?
004 [02/15 13:10]ふぇちゅいん(管理人) TW★70:>>003 無いでしょう。ダサチニブは抗がん剤だからAmazonでは売って無いね。医薬品なので個人輸入しなきゃ。 (1)
005 [02/16 17:02]ふぁ:9ページ目にバイオインフォマティクス的手法で仮説を引っ掛けてきた〜と言ってるけど、本当にこれだけしかヒットしなかったのかな?仮説云々のところでマイニングしているのかちょっと疑問が残ったね。そして実験系がぶっ飛び過ぎジャマイカ?ヒトは腹腔内脂肪なのに、マウスは前脂肪細胞だったりと条件バラバラなのも気になるけど。Nat. Med.であっても疑ってかかるひねくれ者であった…。 (2)

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■

■■他サイトの関連記事(自動)■■
脂肪


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

全アクセス 全アクセス
●2012.11.06:瞳孔(どうこう)の動きを観察するだけで同性愛者・バイセクシャルを判別可能。女性は潜在的に同性愛傾向?(性・生殖)18862access
●2013.02.28:妊娠悪阻(にんしんおそ)、悪阻(つわり)に関して分かっている事。症状がひどくなりやすい条件(子育て)18467access
●2014.09.09:ガンによく効くらしい世界初の抗PD-1抗体医薬(免疫制御型)「小野薬品オプジーボ(Opdivo,nivolumab)」が日本承認。年間医療費1500万円(保険適用あり)(ガン・腫瘍)12952access

すべて見る