カテゴリー:効果の実証されたダイエット薬「ゼニカル」とコンビニで買える黒烏龍茶 特集記事 TW↑B

この文章の結論
基本的には、1日500kcal分のエネルギー摂取(食事)を減らすと1ヶ月で0.7kg体重が減る。アメリカで承認されているダイエット薬「ゼニカル」を飲むと食事中の脂肪の吸収を20%妨げる。日本で売られている黒烏龍茶は3%程度妨げる。効果の高い「ゼニカル」ですら得られるダイエット効果は1日におにぎり1個我慢する程度でしか無い。



はじめに:世の中にはダイエットに効くという怪しいモノが多数ある /7
確実に体重が減る事が実証されたダイエット薬「ゼニカル(Xenical)」 /7
ゼニカル(Xenical)の効果を確認した臨床試験(その1) /7
ゼニカルの効果を試した臨床試験(その2) /8
ゼニカルを個人輸入して実際に効果を試してみました。 /8
ゼニカルでどれぐらい食事中の脂肪吸収が抑えられるかを調べた研究 /8
糖尿病治療薬であるが、ダイエット効果も期待される薬「GLP−1アナログ」薬 /6
効果は低いけど、もっと手軽に食物中の脂肪吸収を抑える「サントリー黒烏龍茶」 /7
最後に /7


はじめに:世の中にはダイエットに効くという怪しいモノが多数ある

 世間にはダイエットに効果があるという”ふれこみ”の様々なものがあります。色々な運動器具に、色々な食品、ダイエット法、そして身につけるだけで痩せるという怪しげなモノまで。少しネットを検索してみただけでも(検索結果)山ほど。

 これらの多くが「それなり」の理由があるように見えますし、「もっともらしい理由」が語られています。ただしそれらのダイエット方法が本当なのか判断することは不可能です。宣伝文句や知識を見ても判断することは出来ません。なぜならしっかりとした確認作業が行われていないからです。では、確実に効果が確認されているダイエット方法は無いのでしょうか?実は厳密な実験により、ダイエット効果が実証されている薬があります。それが次に示す医薬品として開発され医師の処方するダイエット薬「ゼニカル(Xenical)」です。この薬は多くの人が参加する大規模な臨床試験を行い、とてつもない開発費用をかけて開発された薬です。残念ながら日本では販売されていませんが、自己責任で個人輸入して使うことは可能です。

↑BTW


 Keyword:【ゼニカル/12】
           記事ごとのページ・コメント欄(7〜)

確実に体重が減る事が実証されたダイエット薬「ゼニカル(Xenical)」

ゼニカル(Xenical)ロッシュ(Roche)というスイスに本拠地を置く世界有数の製薬メーカー(タミフルを開発した会社です)が発売する薬です。含まれる成分の名前はオルリスタット(Orlistat)。この薬は食事に含まれる油や脂質が体に吸収されるのを防ぐ働きをします。

油や脂肪が体に吸収されるためには腸内で分解されて脂肪酸となる必要がありますが、オルリスタットはこの脂肪分解酵素「リパーゼ」の働きを邪魔します。このため油や脂肪を脂肪酸として体内へ吸収することが出来ず食物に含まれる油の分のカロリーがそのまま摂取されないことになるのです。ちなみに、この薬を実際に飲むと分かりますが、取り込まれなかった油がうんこと一緒に出てくるのを確認することが出来ます。この薬は私が飲んだ薬の中で最も効果がはっきり分かる薬だと思います。

↑BTW


 Keyword:【Orlistat/3】
           記事ごとのページ・コメント欄(7〜)

ゼニカル(Xenical)の効果を確認した臨床試験(その1)

2009年10月のランセットという有名な医学学術雑誌に

  • Effects of liraglutide in the treatment of obesity: a randomised, double-blind, placebo-controlled study(Volume 374, Issue 9701, Pages 1606 - 1616)(リラグルチドの肥満防止効果:無作為化二重盲検プラセボ対照試験)
という研究報告が発表されています。この報告の目的は別のダイエット薬(後述)を調べることが目的ですが、比較としてゼニカルを飲んだ場合の体重減少が示されています。題名に入っている無作為化二重盲検プラセボ対照試験とはこの手の試験で最も信頼性が高い試験で、簡単に言うと、誰が本当の薬を飲んでいるか、試験する側もされる側も分からない状態で行う試験で、思いこみや期待によっておこる影響を除外することが出来ます。
 試験では564人という多くの健康な人で試験を行っています。この人々は全員1日あたり500kcalの食事制限を行ってもらい、いくつかのグループに分け、あるグループはゼニカルを1日3回飲んでもらい、ほかのグループは偽物の薬を飲んでもらいました。すると20週間後、偽物の薬を飲んでいた人は平均すると2.8Kg体重が減少していたのに対し、ゼニカルを飲んでいた人は平均4.1Kg体重が減少していました。1ヶ月あたりに換算し直すと、1日500kcal食事を減らすことで0.7kgしか体重が減らないのがこの薬を飲むことで1kg減る事になります。

そんなに劇的な効果とはいいませんが、これだけの人数の平均ですのでこの結果は確実に信頼出来る数字だと思います。

↑BTW


           記事ごとのページ・コメント欄(7〜)

ゼニカルの効果を試した臨床試験(その2)

次に紹介する臨床試験は

  • Randomised placebo-controlled trial of orlistat for weight loss and prevention of weight regain in obese patients. European Multicentre Orlistat Study Group.Lancet. 1998 Jul 18;352(9123):167-72.PMID: 9683204
という報告で、こちらもとても権威ある医学雑誌であるランセットに1998年に発表された論文です。この論文では薬を飲むのを止めたあとのリバウンドの影響も調べています。
 臨床試験ではヨーロッパの15の治療センターに集まってもらったBMI値が28−47(kg/m2)の肥満患者743人(平均年齢45歳(18歳〜77歳))を使って試験を行っています。患者さんは全員、最初に4週間の導入評価にかけました。導入評価では1日あたり600kcalのダイエットを行なってもらい、このカロリー制限を正確に実施出来た688人の患者を本試験に進めました。


★1年目の試験内容
患者さんを2つのグループ二分け、1つのグループはゼニカル(120mg錠剤1つ)を1日3回、もう一つのグループは偽の薬を飲ませ、どちらのグループも引き続き1日あたり600kcalの食事制限を行ってもらいました。

最初の1年が過ぎた時点でゼニカルを飲んでいたグループでは平均で体重が10.2%(10.3kg)減少していたのに対し、偽物の薬を飲んでいたグループでは6.1%(6.1kg)しか減少していませんでした。

★2年目の試験内容
 次に、ゼニカルを飲んでいたグループの人を半分に分け、ゼニカルを飲んでいた人の半分は引き続きオルリスタットを飲ませ、もう半分は偽の薬に切り替えました。2年目は1日あたり600kcalの食事制限では無く体重が増えないような食生活をしてもらった。その結果、2年目も引き続きゼニカルを飲み続けた人は食事制限を緩和したにもかかわらず偽の薬に切り替えた人よりも1年間で2.4kgリバウンドが少なく済みました。


この2年間の試験の結果をグラフで示したのが上の図です。また、血中のコレステロールやLDL,LDL/HDL比、血糖値などは肥満に関わる値は偽の薬を飲んでいた人よりもゼニカルを飲んでいた人で良好な値を示しました。

↑BTW


 Keyword:【HDL/2】 【LDL/2】 【コレステロール/11】
           記事ごとのページ・コメント欄(8〜)

ゼニカルを個人輸入して実際に効果を試してみました。


さっそくゼニカルを個人輸入して飲んでみた結果を報告します。

結論としてこれまで様々な薬を飲みましたが、これほど効果が目に見えて分かる薬は無いです。ものすごい。

 私は油物をたくさん食べる直前に1錠(写真のもの120mg)だけ飲みました。そうすると薬を飲んでから、ちょうど24時間後ぐらいに、うんこと一緒に透明な油が大量に出てくるではありませんか(汚い話ですみません)これは飲んでみれば一目瞭然です。油はトイレで水に浮きますから油であることが一目瞭然です。普段のうんこには油はまったく含まれていないため、いつもとの違いに驚かされます。

 そして、出てくる油の量が尋常じゃありません。自分としては「こんなに大量の油は取ったことがない」と思うような量が出てきます。おそらく食物には目には見えませんが大量の油が含まれているのかもしれません。

 この薬の副作用ですが、それは腸の中が油だらけなのが理由なのか、、少しおなかが緩くなる気がします。また、これは少し問題なのですが、トイレに油汚れが出ます。通常のうんこには油はほとんど含まれていないため、トイレ用の洗剤を使ってこすらないとなかなか落ちません。こう書くとよく無い影響の方が多いように思うかもしれませんが、これは私が大量の油物を食べた時に飲んだからのようです。他に飲んだ人の話を聞くと(油物が好きじゃない女性の話)、そこまで問題じゃ無かったそうです。

 私は持続して飲まなかったので実際に痩せる効果を体験することはありませんでしたが、出てくる油の量を考えると確実にダイエット効果はあると思います。

↑BTW


           記事ごとのページ・コメント欄(8〜)

ゼニカルでどれぐらい食事中の脂肪吸収が抑えられるかを調べた研究

  • Comparative evaluation of fecal fat excretion induced by orlistat and chitosan.Obes Res. 2001 Jun;9(6):364-7.PMID: 11399783
2001年の「肥満研究」という学術雑誌に「うんこ中の油排泄量をゼニカル摂取とキトサン摂取で比べる」という報告があります。キトサンも痩せる効果があることが知られています。
この報告では12人の健康な人を使って試験をしています。全員に1日あたり2500kcal、脂肪30%の基本的食事をとってもらいました。この人達を2つのグループに分け最初の7日間は体の調子を整えるために適正な食事をとってもらい、その後の7日間で片方のグループにはオルリスタット120mgを1日3回。もう一つのグループにはキトサンを890mg飲んでもらいました。そして次の7日間はそれぞれのグループで飲むものを変更し、ゼニカルを飲んでいた人達にキトサンを飲んでもらい、キトサンを飲んでいた人にはゼニカルを飲んでもらいました。

それぞれの期間に各人のうんこを集め、含まれる脂肪の量を調べると、キトサンを飲んだ場合では1日あたり平均1.36グラムの油が排泄されていましたが、ゼニカルを飲んだ人では1日あたり平均16.13gが排出されていました。これらの事は、ゼニカルを飲むことに通常の食事をして場合、1日あたり15g分の脂肪吸収を妨げていることを示しています。脂肪は1gあたり9kcalなので1日あたり135kcal分ダイエットしている感じでしょうか。臨床試験1でゼニカルを飲むことにより1ヶ月で余分に300g体重が減ってますがこれはカロリー換算で2200kcal相当ぐらい、臨床試験1では食事制限をしているので、だいたい計算が合っているといえます。

基本的な食事を続けてこの値ですが、自分の経験も合わせて考えると大量の油を摂取する時に飲めば効果絶大かもしれません。

↑BTW


 Keyword:【キトサン/2】
           記事ごとのページ・コメント欄(8〜)

糖尿病治療薬であるが、ダイエット効果も期待される薬「GLP−1アナログ」薬

最近、二型糖尿病の治療薬としてインクレチンという種類の薬が開発されています。この薬は糖尿病を治療する効果に加えて、ダイエット効果があることが分かっており、ダイエット薬としての開発が進んでいます。

さきほどの論文によりますと、もうすぐ承認されるノボノルディスク社の開発するインクレチン薬「リラグルチド」を1日1回3mg注射投与し、1日あたり500kcalの食事制限をすることで、4ヶ月で7.2kgの体重が減少するそうです。これは1ヶ月に1.8kgの体重が減少することになります。食事制限だけですと2.8kgしか体重が減少しませんので、薬の効果で4ヶ月で余分に4.4kg痩せることになります。

↑BTW


 Keyword:【糖尿病/14】
           記事ごとのページ・コメント欄(6〜)

効果は低いけど、もっと手軽に食物中の脂肪吸収を抑える「サントリー黒烏龍茶」


サントリーの黒烏龍茶は、大量にポリフェノールが含まれるお茶でゼニカルと同様の作用を示すようです。サントリーの黒烏龍茶はある程度の効果が証明されている食品に与えられる特定保健用食品として認可を受けています。

効果を確認している研究を見つけましたので紹介します。

  • Polyphenol-enriched oolong tea increases fecal lipid excretion European Journal of Clinical Nutrition 60, 1330?1336 (1 November 2006)
日本の徳島大学の研究者らの報告です。12人の健康な人(男性3名、女性9名)(平均22才±1.9才)を2つのグループに分け、同様にプラセボ対照二重盲目試験を行いました。それぞれは7日間の準備期間の後、10日間の治療期間に入りました。治療期間の間、38gの脂肪をポテトチップから食べました。(19gをそれぞれ昼ご飯と晩ご飯の後30分以内に食べました)そして750mlのポリフェノールの多いウーロン茶を飲みました。(1日3回)そして治療期間最後の3日間、うんこを集め、中に含まれる脂肪の量を測定しました。

その結果、黒烏龍茶を飲んでいなかったグループでは平均9.4グラムの脂肪が検出されたのに対し、黒烏龍茶を飲んでいたグループでは平均19.3グラムの脂肪が3日間で検出されました。脂肪のカロリーは1gあたり9kcalなので、3日間で90kcal分吸収されなかったぐらいですね。微妙。

ちなみに黒烏龍茶は1本350mlあたりウーロン茶重合ポリフェノール70mg配合だそうです。

↑BTW


 Keyword:【脂肪/10】
           記事ごとのページ・コメント欄(7〜)

最後に

★体重を減らすのはとても大変。
これらのダイエット実験を通して分かることとしてショックだったのは「1日500kcal食事を減らしても、1ヶ月で700gしか体重は減らない」という事でしょうか。これは複数の試験で同じような値が出ているので事実と思われます。1日500kcal×30日=1万5千kcal。脂肪は体についている状態では1kgで7200kcalと言われていますので減らしたカロリー分がすべて脂肪減少につながれば2kgは減るはずですが実際はそうはうまくいかないみたいです。

★ゼニカルのダイエット効果は大きくない
ゼニカルはうんこ中の油の量を調べる試験によると、2500kcal(脂肪30%)の食生活をした場合(この場合、脂肪だけで1日当たり750kcal(脂肪83g))に通常は82gの脂肪が体内に吸収されるところを吸収される量を15グラム分吸収されなくする働きがあるようです。これは食べた脂肪量の20%に当たります。「ゼニカルを飲むことで食べた脂肪の20%分を無かったことに出来る」という感じでしょうか。確かに効果はあるようですが、実際に体重を減らすためには時間をかけた地道な努力が必要なようです。黒烏龍茶の検討に関してはポテトチップスで余分に取った脂肪の分も含めて115gの脂肪を摂取しているはずです。3日間で余分に脂肪が10g排出されていますが、1日平均で3g程度、脂肪吸収を邪魔する効果としては3%程度でしょうか。ちょっと意味のある効果とは思えません。

★油物を大量に食べる時、ゼニカルや黒烏龍茶を飲めば大丈夫?
この程度の効果では油物を食べたい時はゼニカルを飲めば大丈夫というわけにはいかないようです。なぜなら吸収を邪魔してくれるのはたった20%。油ものをいつもより大量に食べれば、たとえゼニカルを飲んでいてもその分、体重が増えると言えるでしょう。

↑BTW


           記事ごとのページ・コメント欄(7〜)




Cation!!注意:このページには動物実験などで得られた研究段階の情報が含まれています。これらはなんら、人間に適用した時の効果を保証するものではなく、これらの情報を元にとった行動によりいかなる不利益を被っても管理人は一切責任を負いません。このページの話はあくまで「情報」としてとらえてください。