カテゴリー:免疫・アレルギー・自己免疫疾患 TW↑B
前のページへ|2ページ目/2|(12・)



2001.10.10臓器移植用のミニブタの国内生産開始


2001.10.10

臓器移植用のミニブタの国内生産開始

鹿児島県の食肉生産業者ジャパンファームがミニブタ生産工場を完成させた。
通常のブタは成長すると体重350キロにもなるが、ミニブタは成長しても体重80キロにしかならない。この為、心臓、肝臓、腎臓など、臓器の大きさがヒトとほぼ同じで移植用臓器として期待されている他、新薬開発の際の試験動物として需要が多い。これまで国内では年間300頭しか出回っていなかった。この工場で年間500頭を生産し、将来的には1000頭以上の量産を目指している。


[12・]



Cation!!注意:このページには動物実験などで得られた研究段階の情報が含まれています。これらはなんら、人間に適用した時の効果を保証するものではなく、これらの情報を元にとった行動によりいかなる不利益を被っても管理人は一切責任を負いません。このページの話はあくまで「情報」としてとらえてください。