カテゴリー:未分類 TW↑B
前のページへ|3ページ目/4|次のページへ(1234・)



2008.02.15血液型物質
2008.01.30細菌ゲノム、完全合成 米チーム「人工生命」に前進(asahi)
2007.10.28婦喫煙で子の肥満率3倍 山梨大教授らが千人を調査(sankei)
2007.10.28国内初の遺伝子治療薬、血管潰瘍に効果 来春承認申請へ(asahi)
2007.05.30米FDAが月経を停止する避妊用ピルを認可
2007.05.17身長と寿命は負の相関があり、10cm違うと4歳平均寿命が異なるらしい
2007.03.21牛乳有害説は本当?
2007.03.07エリスロポエチンに関する情報
2006.12.26風邪薬の多用で肝障害の危険性(yomiuri)
2006.11.30記憶力向上酵素:関節リウマチなどに役立つ可能性
2006.11.30切断神経9センチ再生、京大が新治療技術
2006.11.16糖尿病患者向け血糖値によって色の変わるコンタクトレンズ(GIGAZINE)
2006.11.09飲んで使うカプセル型内視鏡、オリンパス子会社が承認申請へ
2006.06.22“使いっぱなし”状態の「がん未承認薬」、個人輸入生かす道を(nikkei)
2006.05.10軟骨を骨に変えるたんぱく質発見…変形関節症治療に光
2006.04.16文部科学省が素人にも分かる「ヒトゲノムマップ」のネットコンテンツ
2006.04.14ホスピス空きベッド待ち、1326人死亡…読売調査
2006.04.14腎結石の衝撃波治療、糖尿病リスク4倍に…米で追跡調査
2006.03.26日経の健康特集号バックナンバー
2006.03.26やりたい放題のアメリカ製薬会社を告発
2006.03.10レーザー照射で体内で爆発するナノ爆弾
2006.01.17フランスで死亡した両親を凍結保存している男性に違憲判決
2006.01.17魚を週に8回食べる人は心筋梗塞の発症率60%低下
2006.01.17アミノ酸のリジンが足りないと太る?
2006.01.17ダイオキシン分解能力が2倍の細菌を開発
2005.11.08死んだ人のDNAを植物のDNAに入れてお墓代わりにするビジネス
2005.03.15なかなか論文を書けない若者のために(東北大学教授酒井聡樹)
2005.02.27生体用の強力接着剤開発(sankei)
2005.02.15Human and porcine early kidney precursors as a new source for transplantation
2005.02.15Embryonic stem cells develop into functional dopaminergic neurons after transplantation in a Parkinson rat model


2008.02.15

血液型物質

↑BTW

ヒトの赤血球の表面に提示されている抗原の総称。ABO式血液型物質や、Rh式血液型物質、ルイス式血液型物質などを含む。いずれも糖鎖の違いが血液型を決める。

最も抗原性の強いABO型、Rh型の血液型は合わせて輸血される。

         記事ごとのページ・コメント欄


2008.01.30

細菌ゲノム、完全合成 米チーム「人工生命」に前進(asahi)

↑BTW

         記事ごとのページ・コメント欄


2007.10.28

婦喫煙で子の肥満率3倍 山梨大教授らが千人を調査(sankei)

↑BTW

         記事ごとのページ・コメント欄


2007.10.28

国内初の遺伝子治療薬、血管潰瘍に効果 来春承認申請へ(asahi)

↑BTW

         記事ごとのページ・コメント欄


2007.05.30

米FDAが月経を停止する避妊用ピルを認可

↑BTW

販売元はWyeth(ワイス)、製品名はLybrel(ライブレル)は、低用量のLevonorgestrel(レボノルゲストレル) とEthinyl Estradiol(エチニール・エストラディオール)を含有

日本での申請は未定

アメリカでは既にSeasonique(シーズナル)という月経の回数を年4回に減らす薬が2003年に発売されているらしい。またYAZという薬は生理を3日で終わらせるとか。

ほぇ〜、まあ男がどうこう言う話じゃ無いっすね

         記事ごとのページ・コメント欄


2007.05.17

身長と寿命は負の相関があり、10cm違うと4歳平均寿命が異なるらしい

↑BTW

Samaras, T. T. (1996) How body height and weight affect our performance, longevity, and survival. J Washington Academy of Science 84, 131-156.

         記事ごとのページ・コメント欄


2007.03.21

牛乳有害説は本当?

↑BTW

 Keyword:牛乳/7
         記事ごとのページ・コメント欄


2007.03.07

エリスロポエチンに関する情報

↑BTW

低用量エリスロポエチンは赤血球産生に影響せずに血管新生を誘導する
wikipedia
エリスロポエチン説明

         記事ごとのページ・コメント欄


2006.12.26

風邪薬の多用で肝障害の危険性(yomiuri)(FDA)

↑BTW

アメリカFDAが、風邪薬によく入っているアセトアミノフェン、アスピリン、イブプロフェン、ケトプロフェン、ナプロキセン、アセトアミノフェンを多量に服用すると肝臓障害を起こす危険性が高く、注意書きをするようにメーカーに求めたそうです。

これらを過剰に摂取したり、飲酒とともに服用したりした場合、肝臓障害や、胃の出血など重大な副作用を起こす危険性があるとのこと。

 Keyword:風邪/93
         記事ごとのページ・コメント欄


2006.11.30

記憶力向上酵素:関節リウマチなどに役立つ可能性

↑BTW

         記事ごとのページ・コメント欄


2006.11.30

切断神経9センチ再生、京大が新治療技術

↑BTW

         記事ごとのページ・コメント欄


2006.11.16

糖尿病患者向け血糖値によって色の変わるコンタクトレンズ(GIGAZINE)

↑BTW

         記事ごとのページ・コメント欄


2006.11.09

飲んで使うカプセル型内視鏡、オリンパス子会社が承認申請へ

↑BTW

 Keyword:オリンパス/7
         記事ごとのページ・コメント欄


2006.06.22

“使いっぱなし”状態の「がん未承認薬」、個人輸入生かす道を(nikkei)

↑BTW

         記事ごとのページ・コメント欄


2006.05.10

軟骨を骨に変えるたんぱく質発見…変形関節症治療に光

↑BTW

         記事ごとのページ・コメント欄


2006.04.16

文部科学省が素人にも分かる「ヒトゲノムマップ」のネットコンテンツ(/.jp)

↑BTW

すごい気合いの入り具合だ。制作は京大院の生命文化学研究所か?

         記事ごとのページ・コメント欄


2006.04.14

ホスピス空きベッド待ち、1326人死亡…読売調査

↑BTW

         記事ごとのページ・コメント欄


2006.04.14

腎結石の衝撃波治療、糖尿病リスク4倍に…米で追跡調査

↑BTW

         記事ごとのページ・コメント欄


2006.03.26

日経の健康特集号バックナンバー

↑BTW

         記事ごとのページ・コメント欄


2006.03.26

やりたい放題のアメリカ製薬会社を告発

↑BTW

         記事ごとのページ・コメント欄


2006.03.10

レーザー照射で体内で爆発するナノ爆弾

↑BTW

         記事ごとのページ・コメント欄


2006.01.17

フランスで死亡した両親を凍結保存している男性に違憲判決

↑BTW

         記事ごとのページ・コメント欄


2006.01.17

魚を週に8回食べる人は心筋梗塞の発症率60%低下

↑BTW

         記事ごとのページ・コメント欄


2006.01.17

アミノ酸のリジンが足りないと太る?

↑BTW

         記事ごとのページ・コメント欄


2006.01.17

ダイオキシン分解能力が2倍の細菌を開発

↑BTW

15日のNat Biotechで発表

         記事ごとのページ・コメント欄


2005.11.08

死んだ人のDNAを植物のDNAに入れてお墓代わりにするビジネス(Biopresence社)

↑BTW

ちゃんと発現しないところに入れるらしい(^^;

死後の弔い方に関するビジネスとしては遺骨でダイヤモンドを作るLIFEGEM社がある。

         記事ごとのページ・コメント欄


2005.03.15

なかなか論文を書けない若者のために(東北大学教授酒井聡樹)(若手研究者のお経)

 Keyword:酒井聡樹/1


2005.02.27

生体用の強力接着剤開発(sankei)

九州大の松田武久教授らの研究グループは瞬間的に強力な止血が求められる胸部大動脈瘤などの心臓血管手術で使用できる生体用強力接着剤を開発した。
接着剤の主成分は保湿剤や紙おむつにも使用される「ポリオール」という物質、体内の水分を吸収して数分でゴム状に塊、凹凸の多い血管表面にぴったりと接着させる事が出来るそうだ。また柔軟性にも優れており心臓の拍動などでも破れにくい
今後、臨床試験を経て、3〜4年後の製品化を目指すそうだ

 Keyword:松田武久/1


2005.02.15

Human and porcine early kidney precursors as a new source for transplantation

Nat Med. 2003 Jan;9(1):53-60. Epub 2002 Dec 23
2005.02.15

Embryonic stem cells develop into functional dopaminergic neurons after transplantation in a Parkinson rat model

PNAS | February 19, 2002 | vol. 99 | no. 4 | 2344-2349
http://www.pnas.org/cgi/content/full/99/4/2344



次のページへ[1234・]



Cation!!注意:このページには動物実験などで得られた研究段階の情報が含まれています。これらはなんら、人間に適用した時の効果を保証するものではなく、これらの情報を元にとった行動によりいかなる不利益を被っても管理人は一切責任を負いません。このページの話はあくまで「情報」としてとらえてください。